ランドセルリメイク

形を変えていつまでも・・・

ランドセルリメイクって?

6年間使い終わったランドセル。皆さんはどのようにされていますか?

ある教育情報サイトのデータでは59%の方が自宅で保管、19%の方がゴミとして処分となっております。

その他の活用として、寄付、リサイクルなど色々とありますが20%ほどしかない現状です。

弊社はランドセルを、これからもずっと使って頂ける、財布などの小物へ生まれ変わらせるアップサイクルなランドセルリメイク活動を行っております。

2017年より本格的にランドセルリメイク活動を行っており、2022年には多くの百貨店・ランドセルメーカーなどの協力のもと幅広く認知されてきました。

全てのランドセルがアップサイクルされるような取り組みを行ってまいります。


ご挨拶

 弊社の社名である「Askal」は、私の子供の誕生日に送る花を選んでいた時に出会った【カランコエ】というお花からきております。カランコエの花言葉が素敵なんです。「幸福を告げる」、「たくさんの小さな思い出」、「おおらかな心」、「あなたを守る」なんです。小さな星形の花が集まって咲く様子から「たくさんの小さな思い出」という花言葉は、由来するとされています。また、「幸福を告げる」という花言葉は小さな釣鐘状の花を咲かせる種類があり、幸せを告げるベルを連想させることからついたともされています。

 そんな素敵な花のような会社にしたいと、【 As Kalanchoe カランコエのように 】からAskalとつけさせて頂きました。

 また、弊社のランドセルリメイクは、ランドセルからたくさんの小さな思い出の形を作ってみんなが笑顔になってくれたらと始めたサービスとなります。販売開始からご好評を頂いており、百貨店様、ランドセルメーカー様のご協力により、より多くの方々へ笑顔をお届けできるようになりました。これからもお客様のご要望にお応えする事で、日本中の子供たち・その家族が笑顔になれるよう【ランドセルリメイクを文化に】を目指し精進してまいります。

株式会社 Askalカバン工房
代表取締役  大橋 泰助


Askalカバン工房のお知らせ


メディア実績

2020年2月 中日新聞 思い出ずっと手元に

2020年3月 中京テレビ キャッチ

2020年4月 日本テレビ ニュース エブリィ

2020年8月 中日新聞 思い出のランドセル使える小物に

2021年5月 東海テレビ製作CM  「笑顔の理由は?」 放送批評懇談会   ギャラクシー賞【奨励賞】

2021年8月 上毛新聞 

2022年1月 TBS THE TIME 

2022年1月 CBCラジオ 北野誠のズバリ

2022年2月 TBS ひるおび

2022年2月 中日新聞 背中の相棒ずっと一緒

2022年3月 東海テレビ 

2022年3月 女性セブン ランドセルリメイクの日

2022年4月 中日新聞 背中の宝箱 新たな命

2022年4月 中濃新聞 ランドセル一生モノに変身

2022年5月 東海ラジオ モーニンググッド

2022年6月 中部経済新聞 明日を拓く経営 

2022年6月 現代白書

2022年7月 楽天市場 楽天ドリーム

2022年7月 

——————————————————–

——————————————————–

取材・お問合せ 

kabanaskal@wh.commufa.jp

0586-58-4531(10時~15時) 担当 大沢

——————————————————–

——————————————————–

楽天市場取材 楽天ドリーム

現代白書取材