ランドセルの入庫システムが、自動認識システム大賞特別賞受賞 一宮市長・愛知県知事を表敬訪問

ランドセルリメイクの事業により、当社では年間約25,000個のランドセルが当社へ集められてきます。そのランドセル1ち1つには大切な思い出が詰まっており、お預りするランドセルを確実に管理する必要がありました。
そのランドセルの入出庫管理に、RFIDを使用したシステムを構築して、お客様に安心をお届けする事が可能となった。

このシステム構築が、自動認識システム協会に評価され、特別賞を受賞する事となり、愛知県知事と一宮市長を表敬訪問する事となりました。

2024年問題・2025年問題と、企業には多くの問題がございますが、その解決方法の1つとして業務の自動化もあるのではと考えております。

自動認識システム大賞 特別賞受賞

ランドセルリメイクを行う株式会社Askalカバン工房 (愛知県、一宮市) 代表取締役 大橋泰助は、7月31日(月)に、一般社団法人 自動認識システム協会が主催する「第25回自動認識システム大賞」において『RFIDを搭載した複合機導入による入庫作業の効率化と伝票作業の負荷低減~お客様に信頼される工房を目指す~』のシステムが特別賞を受賞し、9月13日(水)の「第25回自動認識総合展」での表彰式が開催されます。

自動認識システム大賞について

一般社団法人 日本自動認識システム協会が主催し、自動認識技術やシステムの発展と普及・啓発を目的として、先進的かつその効果が極めて顕著な自動認識関連の技術やシステムを表彰する「自動認識システム大賞」。今回、特別賞を受賞いたしました。

詳細URL: https://www.jaisa.or.jp/award_history.php

*予選審査を通過し、本選審査においてプレゼンテーションにて受賞を決定

*中小企業唯一の受賞

RFID導入による入出庫管理について

弊社がお届けしている、「ランドセルリメイクサービス」では、使い終えたランドセルをアップサイクルして財布など、今後も使って頂ける小物へアップサイクルしている。年間20,000個以上の製作を行っており、ランドセルを工場内でお預りする期間がある為、しっかりとした個別管理が必要となってくる。WEB上で情報管理は行っていた為、今回、RFID導入によるIot化を実現。ランドセルの工場内での見える化を実現した。今後もさらにIot化を進め、お客様に安心してサービスを提供できる体制を構築。

東海テレビ様製作CM ギャラクシー賞受賞 奨励賞

「Askalカバン工房/リメイク/笑顔の理由は?」 ギャラクシー賞『奨励賞』

当社のランドセルリメイクがギャラクシー賞を受賞

皆様が笑顔になるランドセルリメイク。
当店のランドセルリメイクは、小学校卒業後、私が娘とテニスの練習をしている時にかけられた言葉から生まれました。

娘「小学校で使っていたランドセルをミニチュアのランドセルにしたい!」

そう娘から言われたのですが、私どもはランドセルを廃棄してしまい言葉につまっていました。

私「ゴメン、ランドセル廃棄しちゃった」

娘の悲愴感あふれる顔は今でも忘れません。

私は革職人。
なんとか娘の笑顔を取り戻す事はできないだろうか?

色々と考えた結果、取り扱っている革を使って、パスケースとバレッタ(髪留め)を作る事にしたのです。

渡した時は、そんな嬉しそうな感じでは無かったのですが、よく使っている姿を見て、ランドセルで作ってあげたら、もっと喜んだんだろうな。

そんな体験から当社のランドセルリメイクは誕生しました。
様々な商品開発を行ってきましたが、今でもパスケースとバレッタは多くのお客様に提供しております。

その当社の取組みを、東海テレビ様が取り上げて頂き、さらにはCMを製作する事にまで。

そしてギャラクシー賞の奨励賞を受賞する事となりました。
多くの大企業が名を連ねる中、受賞できました事にも驚きでしたが、皆様に少しでも肩を並べる機会がとても嬉しく思いました。

今後も多くの皆様に笑顔を届けれるよう尽力して参ります。